大阪文化館・天保山 OSAKA CULTURARIUM AT TEMPOZAN

“ 魔女”と聞いて何を想像するでしょうか。とんがり帽子、ほうきに乗った女性、魔法使い―。
不思議な魅力を持ったその存在は、今や童話やアニメ、ドラマなどに取り上げられる人気のテーマです。

ヨーロッパでは古くから“ 魔女”の存在が信じられてきました。それはグリム童話の魔女や
アルブレヒト・デューラー(1471~1528)らの著名な画家たちが
描いた絵画などからも推測することができます。
“ 魔女”とは悪魔と契約を交わし、超自然的な力を得て人々に災いをもたらす者―。
空想と現実の世界をたゆたうその存在は、人々を脅かせました。
しかし、15世紀から17世紀にかけて行われた『魔女狩り』によって、
民衆が“ 魔女”に仕立て上げられ、迫害を受けることになるのです。
その発端は何だったのか、どのような人が魔女とされ、その対象は本当に女性だけだったのか―。

本展は、今までうかがい知ることのできなかった“ 魔女”を日本で初めて、多角的に紹介するものです。
日本でイメージする魔女とは異なる、「本当の魔女」の姿とは―。
ドイツ・プファルツ歴史博物館、ローテンブルク中世犯罪博物館のほか、オーストリア、
フランスの各美術館・博物館の全面協力のもと、絵画やまじない道具、魔女裁判に関する書物や資料、
拷問道具など、日本初公開を含む約100点を一堂に紹介。
妖しくも悲しい魔女の魅力と歴史の真実を紐解いていきます。

魔女の秘密展 ~ベールに包まれた美と異端の真実~

2015年3月7日(土)~5月10日(日)会期中無休

こちらのイベントは終了致しました。

10:00~17:00(土・日・祝は18:00まで)※入場は閉館30分前まで

大阪文化館・天保山(海遊館となり)

〒552-0022 大阪府大阪市港区海岸通1-5-10

主催:毎日新聞社、朝日放送、東映
企画協力:プファルツ歴史博物館
後援:ドイツ観光局
協力:ローソンチケット、ルフトハンザ ドイツ航空、ルフトハンザ カーゴ AG、日本通運、講談社、コルク

大阪文化館・天保山(海遊館となり)

前売券 当日券 当日券(団体)
一  般 1,300円 1,500円 1,300円
大学・高校生 1,000円 1,200円 1,000円
中学~小学生 400円 600円 400円

前売販売期間:2014年12月6日(土)~2015年3月6日(金)

※未就学児入場無料
※入場券はローソンチケット(Lコード56789)、ぴあ(Pコード766-442)、
セブンチケット(セブンコード034-712)、イープラスほか京阪神の主要プレイガイド、
ローソン、セブンイレブン、ファミリーマート、ミニストップ、サークルKサンクス
などのコンビニエンスストアで販売